So-net無料ブログ作成

「一点確認してほしい」攻勢を開始した被告が聞きたかったことは? SS元船長第2回公判ライブ(産経新聞)

【法廷ライブ SS元船長第2回公判】(5)

 《環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」元船長のピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)が撃ち込んだ酪酸(らくさん)で、顔面を負傷したとされる調査捕鯨船団の男性乗組員への弁護側証人尋問が続いている》

 《弁護人は、調査捕鯨船団の母船の船医とのやり取りを具体的に明らかにしようとしているようだ》

 弁護人「お医者さん(船医)と直接話したのはいつですか」

 証人「ぼくが直接、話をしたのはけがをした2日後です」

 弁護人「けがをした後、その日のうちに、船医さんと話をしなかったのですか」

 証人「はい」

 弁護人「お医者さんからの措置は誰を経由して伝えられましたか」

 証人「よく覚えていません」

 弁護人「どのような措置の指示を受けましたか」

 証人「目と顔を水で洗い流すように言われました」

 弁護人「シャワールームでは、全身脱いで洗い流したんですか」

 証人「顔と目だけです」

 弁護人「酪酸を浴びた後にもかかわらず、衣服まで脱がなかったのはどうしてですか」

 証人「ヘルメットと救命胴衣、合羽(かっぱ)の上は脱ぎました」

 《弁護人の質問に証人がやや反論気味に答えた》

 弁護人「シャワールームで洗顔した後はどうしましたか」

 証人「ブリッジに上がっていきました」

 弁護人「何をするためですか」

 証人「そのときは特に何をするというわけじゃなく、上に上がっていきました」 

 《ベスーン被告は、熱心にメモを取っている》

 弁護人「仕事に戻ったと理解していいですか」

 証人「はい。上がっていったら仕事をやっていたので」

 《再び、弁護人は、船医と証人のやり取りに話を戻した》

 弁護人「医師と直接話した2月13日のときも、写真は撮らなかったのですか」

 証人「撮っていなかったと思います」

 弁護人「口頭で指示を仰いだということですか」

 証人「はい」

 弁護人「お医者さんにみてもらうとき、口頭だけでは不安を感じませんでしたか」

 《証人は考えているのか、少し沈黙してから口を開いた》

 証人「ちょっと分からないです」

 弁護人「あなたが負った傷がもう治ったなと思ったのは、受傷してから何日後ですか」 

 証人「かさぶたがとれたときには、もう大丈夫かなって思ったんですけれど、入港した後も、しばらくは跡は残っていたので。でも、そんなに心配はしていなかったです」

 《弁護人は、証人が帰国後、日本での診察経過について具体的に尋ねていく》

 《けがの診断のために、3月、医師の診察を受けにいった証人。痛みはなくなったが、右目には若干の違和感が残っていたという》

 弁護人「着ていた合羽はどうしましたか」

 証人「捨てました」

 弁護人「なぜですか」

 証人「酪酸のにおいがきつかったからです」

 弁護人「洗ってとれなかったのですか」

 証人「とれないです」

 弁護人「ヘルメットに、においはついていなかったですか」

 証人「ついていました」

 《弁護人は、当時、証人が着用していたヘルメットについて尋ねていく。午前中の証人尋問で、証人が実際に付けてみせたものだ》

 弁護人「先ほど着用したヘルメットは、あなたが着用したものですか」

 証人「はい」

 弁護人「においは残っていましたか」

 証人「残っていません」

 弁護人「あなたがほかの誰かとにおいを消したのですか」

 証人「2回洗ったのですけれど…。1回目はCさん(法廷では実名)が、2回目はぼくが洗いました」

 弁護人「水で洗うのですか」

 証人「水と洗剤です」

 弁護人「ヘルメットを洗わずにいれば、有力な証拠になったと思うのですが、そうは思いませんか」

 《弁護人の質問に、証人は反論した》

 証人「正直、そういうときに、証拠を残すとかってことは頭にありませんでした」

 弁護人「2月12日以降、船内でのガラス瓶の回収作業をあなたはやりましたか」

 証人「やっていないと思います」

 弁護人「誰がやったか覚えていますか」

 証人「分からないです」

 弁護人「その後、船内のにおいを消すために、何か特別な措置はしましたか」

 証人「消臭剤を置いて、あとは芳香剤をにおいのきついところに置きました」

 弁護人「消臭剤は具体的にどこに置きましたか」

 証人「シャワールームに置いたのは覚えているんですが、後は覚えていないです」

 《酪酸の後かたづけについての質問が終わったところで、質問者が別の弁護人に交代した。尋問は、ベスーン被告のランチャーが何を狙っていたかに移る》

 弁護人「2月11日にランチャーを構える前に、ベスーン被告は何か手で投げていたのですか」

 証人「ベスーン(被告)が投げたのが何か分からないけれど、ボートから瓶みたいなものが投げ込まれたのは見ました」

 《メモを取る手を止めていたベスーン被告が、再び、ペンを走らせ始めた》

 《瓶のようなものが投げられたのを1回見たという証人。そのときには、投げられたものは、防護ネットに跳ね返されたという》

 弁護人「ベスーン被告がランチャーを構えたとき、防護ネットを狙っていると思いませんでしたか」

 証人「ぼくは、ブリッジを狙っていると思いました」

 《弁護人は、防護ネットの側に証人が立っている写真を法廷内のモニターに映し、ネットの高さを確認していく》

 弁護人「赤黒いものが横切った、目で追えないほどではない、というのはあなたの証言ですね」

 証人「はい」

 弁護人「このとき、あなたは目で追っていったんですか」

 証人「はい」

 弁護人「目で追って行方を見失っていないですか」

 証人「ブリッジの横の通路で見えなくなるところまで目で追っていました」

 弁護人「ずばり聞くけど、あなたが右上を見ていたのは何秒くらいですか」

 証人「分からないですけれど、5秒くらいです」

 《ベスーン被告は振り返って、弁護人と何か相談している。『OK』という弁護人の言葉にうなずき、前に姿勢を戻した》

 《検察官が再尋問を始めた。ランチャーの筒先がブリッジを向いていたことや、船医とのやり取りを確認していく》

 検察官「ヘルメットを水と洗剤で2回洗った後、酪酸のにおいはしましたか」

 証人「はい」

 検察官「最後に酪酸のにおいをかいだのはいつですか」

 証人「3月です」

 検察官「どのような状況ですか」

 証人「海上保安庁に提出する書類として、(ヘルメットを)袋に入れたときはまだにおいがしました」

 《証人は調査捕鯨から戻った後、改めて病院で診察を受けたという。診察に付き添ったという男性検察官が、その際の状況について尋ねた》

 検察官「検察官である私が一緒に行ったことについて説明をしましたが、覚えていますか」

 証人「はい。『今回のこのけがで、傷害事件を立証できるかどうか確認したいので同席した』と」

 《ここで、ベスーン被告が何かを手元のノートに書き、後方に座る弁護人に見せた。何かをしきりに訴えている》

 検察官「診察した先生はどういうけがだと言っていましたか」

 証人「化学熱傷だと聞きました」

 検察官「全治については?」

 証人「約1週間と言われました」

 検察官「なぜ1週間か聞きましたか」

 証人「言われたんですけど、ちょっとはっきり覚えていません」

 《ここで男性弁護人が「すみません、被告が一点確認してほしいと言っておりまして…」と発言の許可を求めた》

 弁護人「インパルス銃は(使用した際に)どのくらいの音量がするかご存じですか」 

 証人「……。小さい音ではないです」

 《証人は少し考えるようにした後、答えた》

 弁護人「音量は調整できるんですか」

 証人「できないと思います」

 《ここで再び、ベスーン被告が男性弁護人に何か話しかける。小さな声でやり取りをした後、弁護人は「終わります」と質問を終了した。この後、左右の陪席裁判官が何点か質問をし、裁判長は約13分間の休憩を取ることを告げた。裁判長が「傍聴人の方はトイレに行って頂いても結構です」と言うと、何人かが席を立った》=(6)に続く

【関連記事】
特集「シー・シェパード第2回公判」
特集「シー・シェパード第1回公判」「ヒャッホー」とガッツポーズ
SS代表「結論は分かっている。公正な裁判ではない」
SS船長初公判 NZでは「世界最速の英雄」「日本は船を沈めた責任を負うべきだ」
「シー・シェパード代表は間違っている」「家族恋しい」拘留の被告が激白 

ついつい「触る・つぶす」7割 ニキビ、ほぼ全員が気になる(産経新聞)
後藤組元組長、逆転有罪 ビル所有権不正登記(産経新聞)
<八街殺人放火>強殺容疑で父娘を送検…千葉県警(毎日新聞)
<築地市場移転>都が土壌汚染見逃し損害 住民グループ提訴(毎日新聞)
「小沢氏了承」改めて供述=再聴取に元私設秘書、石川議員も―東京地検(時事通信)

B型肝炎訴訟 救済へ、やっと一歩 和解協議入り(毎日新聞)

 提訴から2年余、B型肝炎訴訟の和解協議が14日ようやく始まり、放置されてきた予防接種による感染被害者の救済が一歩近付いた。この日、法廷に入った札幌市内の匿名原告の女性(43)は、病気が原因で何度も転職を余儀なくされた。感染が分かってからの20年、「差別と偏見の中で生きてきた」と語る彼女は、訴訟の解決がB型肝炎という病気を知ってもらう機会になることを、強く願う。【久野華代】

 23歳の時の血液検査で、B型肝炎のキャリアー(持続感染者)と診断された。母親は感染しておらず、子供のころに輸血を受けた経験もない。集団予防接種による感染が疑われた。自覚症状はなく「これまでの生活と変わらない」と深刻に受け止めなかったが、周囲は違った。

 検査のため会社を休んだら、日常生活では通常感染しないにもかかわらず「病気がうつる」との間違ったうわさが広まった。仕事以外で話し掛けてくれる同僚がいなくなり、いづらくなって2年後に辞めた。感染を打ち明けて相手の態度が変わることを恐れ、恋愛や友達付き合いもおっくうになった。

 退職後、青年海外協力隊に応募した。持っていた幼稚園教諭の資格を生かし、開発途上国の子供たちの教育に携わりたいと思ったからだ。だが、試験は不合格。理由を尋ねたら「病気を治してから来てください」と言われた。応募時に提出した血液検査結果が問題視されたのか。「語学力や専門知識が足らないなら、勉強してもう一度トライすればいい。だけど、この体は克服できない」と思い、挑戦は一度きりで終わった。

 結婚、出産、その後の離婚を経た06年、既に肝硬変の一歩手前の慢性肝炎に悪化していることが分かった。この時、長女はまだ3歳。「このままだと肝がんになり、お子さんが大きくなるまで生きられない」と医師に告げられ、強い疲労感や治療のため、会社を辞めた。

 今は肝臓の数値も落ち着いているが「私が死んだら、娘の成長を支える経済的基盤がなくなる。高校にも行けなくなる」との不安が消えることはない。

 この日の法廷。謝罪も具体案の提示もない国側の対応には誠意を感じられず、怒りがこみ上げた。解決の日はいつなのか。

 「仕事も、恋も、夢も、みんなウイルスに阻まれてきた。和解内容には、国の責任でB型肝炎の正確な知識を伝えることを盛り込んでほしい」

【関連ニュース】
B型肝炎訴訟:国側、和解勧告受け入れ表明 札幌地裁
B型肝炎訴訟:弁護士や医師の卵 朗読劇で原告支援
B型肝炎訴訟:和解協議へ 原告「1日も早く解決案示せ」
B型肝炎訴訟:閣僚会議で政府方針を決定 和解協議へ
B型肝炎訴訟:原告が抗議行動…厚労相面談拒否で

「いつか宇宙へ戻りたい」 宇宙飛行士の山崎さん帰国会見(産経新聞)
飲酒運転事故で母身代わり、市職員を書類送検へ(読売新聞)
改革クラブ離党の大江氏、幸福実現党入り(産経新聞)
京都で三船祭 船上の舞や雅楽に5万人酔いしれる(産経新聞)
国内各セグメントが伸長し売上高4.4%増―テルモ(医療介護CBニュース)

地域活性化 廃校の県立高、私立一貫校に転用 埼玉・加須(毎日新聞)

 少子化に伴い3月に廃校となった埼玉県立北川辺高校(加須市)が来春、私立の中高一貫校として生まれ変わる。地元の活気を取り戻したいという市が、いったん県から買い取った校舎と敷地を、10年間無償で貸し出す秘策を編み出し、全国でも珍しい「学校の再利用」が実現した。文部科学省も「先駆的な事例」と評価している。

 新設されるのは、さいたま市内に小・中・高校を持つ開智学園が運営する「開智未来中学・高校」(仮称)。11年目には、学園が市から土地を買い取って引き続き運営する。

 北川辺高は3月、少子化を受けて02年から県が始めた県立高校再編で統廃合された。最後の新入生を迎えた07年度には275人の生徒がいた。「子どもが地元からいなくなってしまう」と危機感を抱いたのは、同校のあった旧北川辺町(3月に周辺市町と合併し加須市に)。県から学校の土地を買い取ることを前提に09年9月、新校の設置場所を探していた開智学園と、10年間無償貸与の覚書を結んだ。

 今年4月、県から土地3万5749平方メートルと22棟の建物を約3億6670万円で買収し、学園との間で正式に無償貸与契約を結んだ。

 開智高の中村宏教頭は「校舎や広いグラウンドなど施設的に恵まれている。費用が節約できた分、教員を充実させたり教材を豊富にできる」と再利用のメリットを挙げる。市政策調整課は「子どものにぎわいが戻ることで市が活性化する。交通機関や商店などには経済効果もあるのでは」と期待する。

 文科省によると、02〜08年度に廃校となった全国3134校のうち、校舎の再利用は6割程度。多くが公民館や美術館、スポーツセンターで、「学校」に生まれ変わった例はほとんどない。同省施設助成課は「税金で建てた学校が使われないのはもったいない。今回は先駆的な事例だ」と話している。【西田真季子】

【関連ニュース】
<関連写真特集>吉本興業:東京本部、新宿の小学校に移転
<関連記事>生命のメッセージ展:東京・日野市の廃校で常設展
<関連記事>ニュース交差点:地域 廃校を活用しよう! 各地で動きが
<関連記事>ラボラーレ登米:廃校舎活用、福祉事業所が始動 就労の12人明るく
<関連記事>まちなかオープンキャンパス:空き店舗を再利用、山梨大生がイベント

NPT会議 紙芝居で「核廃絶」訴え…長崎の高校生(毎日新聞)
両陛下、学童保育を訪問(時事通信)
東淀川で女が交際相手の男刺す 殺人未遂で逮捕(産経新聞)
「参院選、楽観できぬ」=民主選対委長が首相に報告(時事通信)
「河村市長、議会とうまくやって」身内も注文(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。