So-net無料ブログ作成

きょう時の記念日…幻の福沢諭吉「改暦弁」、現物あった(産経新聞)

 日本の改暦に大きく貢献した福沢諭吉の解説書「改暦弁(かいれきべん)」を、兵庫県朝来市の暦研究家、青田昌さんが入手し、地元の話題になっている。

 改暦弁は諭吉が官許を得て明治6年、慶應義塾から発行。当時は400万部も売れるベストセラーとなったが、薄い和紙製のため現物はほとんど残っていない。

 10日は「時の記念日」。古書店で入手した青田さんは「改暦を知らない人も多く、改暦弁を通じて、暦の変遷を大勢の人に知ってもらいたい」。

【関連記事】
ホテル窓から“ふんどし” サムライ遣米使節団150周年
海王丸、米西海岸に到着 咸臨丸渡米150年を記念
【歴史ドラマのウソホント】龍馬伝 船に弱かった勝海舟
【人生食あり 文明開化の味がする】道楽学 ハヤシライス
日露戦争時の「時事新報」発見 敵将戦死克明に、団十郎葬儀も大きく

<国会>16日閉会 政府提出法案成立、戦後2番目の低水準(毎日新聞)
最高裁長官 裁判員対象事件「速やかな審理を」(毎日新聞)
首相動静(6月15日)(時事通信)
職質2警察官を引きずり車逃走 大阪・西成(産経新聞)
シェラトン都ホテル大阪で全館停電 トイレも停止、エレベーター閉じ込めも(産経新聞)

野口さん宇宙基地にお別れ ソユーズに乗り込む カザフスタン着陸へ(産経新聞)

 【ロシア宇宙庁飛行管制センター(モスクワ郊外)=佐藤貴生】国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在した宇宙飛行士、野口聡一さん(45)らを乗せたロシアの宇宙船「ソユーズ」がモスクワ時間の2日午前4時(日本時間同9時)過ぎ、ISSを離脱し、地球への帰還態勢に入った。

 野口さんらクルー3人は、モスクワ時間の2日午前0時ごろソユーズの帰還用カプセルに移動し、ハッチ閉鎖後にISSから切り離された。大気圏再突入の約20分後、パラシュートで降下速度を落としてカザフスタンの草原に着陸する予定。

 着陸は日本時間の2日午後0時24分の予定。地上では航空機や水陸両用車などが待機、カプセルの捜索にあたる。

 野口さんは日本人最長の5カ月半(163日)にわたって宇宙に滞在。5月下旬、帰還カプセル内で使う与圧・防熱服を試着したり、カプセル内で模擬訓練を行ったりして帰還準備を整えてきた。

【関連記事】
野口さん、ソユーズで2日帰還
野口さん2日地球へ ソユーズ着陸 最後の難関
【取材最前線】“宙に浮いた”話
スペースシャトル帰還 アトランティス任務終了
「あと2、3カ月いてもいい」長期滞在の野口さん、宇宙で会見
「はやぶさ」帰還へ

民暴対策 「30周年全国大会」2000人が参加 香川(毎日新聞)
<雑記帳>鍋やおたまとファッションが融合(毎日新聞)
<パン>米粉100%で焼く方法開発 小麦アレルギーも安心(毎日新聞)
寛仁さま、トルコ特命大使ら犠牲者慰霊(産経新聞)
<ホンダ>「スーパーカブ」1万5991台をリコール(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。